news story characters comics top 「我ノ花」TOPへ
登場人物紹介 十二神鞘:六ノ鞘
ハルナワ
ヤマタの領主。警察(モノベ)の最高責任者。「神開(カンド)の森」で門脇と入れ替わって現代に。門脇になりすまし、革の高校へ通う。門脇の先輩たちを平気で殺す冷酷で残忍な性格。革が鞘を降す度に、現代で革の友人や家族を1人ずつ殺していくと宣言する。
劍神:縛囚(バクト)
左手の爪の先端から出される黒い縄が相手の全身を縛り、肉体を巻き込んで、消滅させる。長い爪は触れた人物や物の記憶を読み取ることができる。
ハルナワの属鞘
ムナカタ
ハルナワからの命令で門脇に剣術
指南を行っている。右腕に鉤爪状
の劍神を持つ。
シム
六ノ鞘のリーダー格。冷静沈着な人物。浮船部隊を保有している。門脇を現代から呼び寄せ、育てている。
キクツネ
ツグシの領主。陽気だが実は卑劣で非道な性格。目的のため手段を選ばない。聴覚を失っており、イソラに「耳」の役割を担ってもらう共依存関係を成立させている。領民から鼓膜を奪うことで「音」を奪い、属鞘たちを洗脳し支配している。
劍神:奏吼(キサル)
「音」を操る劍神。高周波で相手を攻撃する。鬼神化した時は四足獣のような姿になる。
キクツネの属鞘
それぞれが楽器のような武器を持つ。みな、キクツネに鼓膜を差し出し聴覚を失っていて、鬼化させられている。タギリ、カダカ、シチケ、コキ、バテイの5人。
イソラ
肉声では話せず、会話は「言霊」で文字を空中に表示する。彼の心を唯一読めるキクツネがその意思を代弁している。
劍神:言霊(コハク)
「言葉」を操る劍神。拳銃に似た形。発射した言葉を現実化する。
イキス
イヨの領主。女性の姿をしているが男性で、多重人格者。カナテを洗脳し革を殺すよう命じた。
劍神:馨合(ノウガ)
「香り」を操る劍神。注射針のような刃から様々な効果を持った香りを出すことができる。
アメエノ
チワヤの領主。過去のある出来事から盲目になる。力だけを信じ、徹底的な暴力で相手を屈服させる。
劍神:目賭(メグド)
「視界憑依(シガヒム)」を操る劍神。相手の視界を乗っ取り自分のものにする。
アメエノの属鞘
ナサケ
アメエノの実の息子。鞘たちの降し
合いを嫌い、父・アメエノから離れ、
革たちに同行する。
劍神:贔恋守(フレンズ)
眼鏡の形で、自分を見た相手の保護
本能をかき立てて戦意を喪失させる。
メニューページへ
(C)YUU WATASE 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。