news story characters comics top 「我ノ花」TOPへ
登場人物紹介 十二神鞘:五天鞘
クグラ

カセフノの領主。普段人前では青年の姿だが、本来は色黒の少年の姿。少年時代に鞘になったので、精神面は子供のまま。成長しない身体へのコンプレックスがあり、ずっと仕えているエト以外には子供の姿を見せない。

劍神:極飛(シナド)
「風」を司る劍神。風を操ることができ、背中から翼を出し飛ぶこともできる。また、変身能力を持ち、戦闘時は鎧を纏い巨大化する。
クグラの属鞘
タンデ
短気な性格で暴力的。本来の風を起こす仕事を怠り、風車が止まり、人々を苦しめている。
劍神:八風陣・誹(ハップウジン・ソシル)
風を操ることができる。
エト
八風陣のリーダー。クグラを守ることに執着し、クグラの障害となるものを容赦しない。事故で記憶を失ったクグラを守るためにクグラの属鞘となり、ずっと傍で守り続けていた。
劍神:八風陣・称(ハップウジン・ショウ)
三日月形の劍神。風を操り相手を殺傷する。飛ぶことができ、風の防御壁を作ることも可能。
トルマキ
顔や体に渦巻の刺青がある。革一行の行く手を阻み、カナテをさらう。
劍神:八風陣・利(ハップウジン・トリ)
ドリル状の劍神で風を操り、竜巻状になることで相手を切り刻む。
フタイ
盗賊団手に返り討ちにあっていたカナテを助け介抱した。病を患っていたため、かつての自分と同じように「力が欲しい」と願うカナテに自分の劍神を託す。
劍神:八風陣・苦(ハップウジン・ニガナ)
風を操ることができる。
ヒルハ
みかけは女性のようだが、中性的な男性。カセフノにいたアラタたちを襲い、ラミを攫っていった。革たちがカセフノを去った後、後を追いかけて一行に加わる。
劍神:八風陣・楽(ハップウジン・ラク)
帯で包んだ相手を安眠させることが出来る。
   
メニューページへ
(C)YUU WATASE 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。